新聞に掲載されました。
| 猫伝染性腹膜炎(FIP)FIV感染症(猫エイズ)FeLV感染症(猫白血病)
Q: 猫のエイズといわれていますが、人間のものと同じなのですか?
A: エイズというのはある特定の病気の名前ではなく、ウィルスその他の後天的な原因(生まれつきではないという意味)で、いろいろな病気と戦う免疫力が弱まり、その結果起こってくる様々な病気だけをあらわしたものです。またエイズは人間の病気だけをあらわす言葉ではありません。ですから人間には人間特有エイズがあり、猫にはまた別のエイズらしい病気があり、それぞれ別の病原体で起こると理解っしてください。繰り返しますが人間のエイズとは全く別の病気であり、ウィルスも別のものです。人間のエイズに対し悪いイメージができあがっていますが、これの是非はともかく、絶対にこれを猫の病気におーバーラップさせないでください。エイズ様の症状を示す猫には何ら罪はなくウィルスが悪であり、しかもそのウィルスが蔓延するような状況を無責任な 猫の飼い方が助長していることを反省すべきです。
Q:FIVとはどんなウィルスですか?
A:猫のエイズ様の病気の原因と考えられるのが猫免疫性不全ウィルス(FIV)と呼ばれるウィルスで、様々な性格は人間のエイズウィルス(HIV)によく似ていますが、近縁ながらも別のウィルスとされています。ウィルスも動植物同様進化や突然変異をしますが、FIVも動物の進化の過程で、ネズミや猫科動物がサルや人間の類と別れていったのについて、猫固有のウィルスになったものと考えられます。そのように進化したFIVは人間その他の動物には感染しないので心配いりません。もし犬が感染するなら同様のお病気が犬に見られるはずですが、犬ではその様な病気は見られていませんし、同様のウィルスが見つかったこともありません。さらに人間のリンパ球を培養してこれにFIVを加えても感染しません。
Q:猫はどのようにしてFIVに感染するのですか?
A:FIVは猫同士の接触により感染するようで、唾液を介して噛み傷からあるいはなめ合うことにより感染する模様です。感染源はおそらく屋外を自由に歩き回っている猫のようです。これまでの調査では、外に出ない猫では感染が見つかっていませんが、わが国では外に出している猫が多く、しかも野良猫・捨て猫を含めて猫の密度が高いので、世界中で一番の感染率ではないかと思われます。したがって捨て猫・野良猫が減ればこの病気も少なくなるものと思われます。
Q:特徴的な症状はありますか?
A:病院ではわずかな量の血液を猫からとり、検査に回します。検査では特殊な方法でFIV に対する抗体を調べます。猫の血液の中に抗体が見つかれば(陽性)その猫はFIVに感染していると診断されます。
Q:ウィルスを検出するのではなく、抗体を検出して、なぜ感染していると診断できるのですか?
A:これまでの研究で、抗体があれば95%以上の確率でウィルスが分離される(ウィイルス感染が確認される)ことがわかっています。ウィルス分離を行えば一層確実なのですが、10cc程血液を採らなくてはならないこと、結果 が出るまで1-2ケ月要すること、などにより実用的ではありあせん。
Q:疑陽性というのはないのですか?
A:どんな試験でもある程度擬陽性はつきものですが、FIV検査の場合は5%以内と低く抑えられています。ます。これは人間のエイズの検査でより精度の高いとさdlている確認検査法(蛍光抗体法)と同じ検査法を最初から採用しているからですくもちろんウイルスは描国有のFIVを使っていますが)。しかしながら、これでも疑陽性の発生は0ではないので、疑いのある結果が出た場合には、さらに精度の高い確認検査(ウェスターンプロット法)が用意されています。またごくまれに、陽性描から咬まれて、唾液などが体内に入り、感染は成立しないけれども、抗体が弱場性になる猫がいます。このような抗体は長続きしないので、猫は再検査では陰性になります。

Q:健康診断の際に採血してFIV陽性と云診断された描ですが、現在健康でとてもエイズには見えないのですが?

A:FIVに感染していること=エイズではないのです。発症していないものは無症状キャリアーと呼び、発症猫とは区別しています。発症がひどくなって、いわゆるエイズの基準(猫の鳩舎まだ碓定していませんが)を満たすもののみをエイズと珍断するべきです。それでは現在健康な感染猫がこの先どうなるのかという問題ですが、まだこの感染症が発見されてから日が浅いので、何ともいえません。ただこれまでの経験で分かっていることは、感染から何年もたってから病気が重くなるものが多いということです。まれに抗体が消えてしまう猫もあるので、問をおいてからあきらめずに再検査するのもよいでしょう。
Q:FIV陽性と診断されてしまった描に救いはあるのでしようか?
A:必ずしもFIV陽性=エイズではないのですから、現在の状態次第では治療法も考えられます。したがって救いが全くないわけではないのです。ただし、ウイルス自体を攻撃する治療法は現在のところありません。まず、現在発症していなけれぱ、小さな問題が生じるたぴに正しい対症療法を行ってゆけば、これから先かなり生きられるのではないかと思われます。また、発症中の描では、症状にもよりますが、抗生物質などで治療可能のものもあり、実際に治療によってその場は命をとりとめる場合もあるのです。FIV感染症は急性の感染症ではないので、このために急に死亡することは多くありません。それでは描の寿命は一体何年かというと、外に出している猫の平均安手命は約4放です。そして多くのFIV陽性描はこれよりも良く生きているのですく死亡平均年齢5.7歳)。描を外に出すと決めた以上、交通事故や他のウイルス感染症など危険要因は沢山ありますので、別にFIVにかかったからといって死期が早まるわけではないと思います。
Q:1頭陽性がいれば同居の描はすべてかかりますか?
A:かかるものとかからないものがいて、この比率は平均すると半々くらいでしょうか。ただしどれがかかって、どれが安全かは分からないので、すべてFlV の検査をして、感染猫と感染していないものを分ける必要があります。もちろん感染描は家の中で飼う必要があります。外で他の病気を拾わないように、他の猫にFIVをうつさないようにという配慮です。また新しく猫を外から拾ってきた場合など、家の中に入れる前に検査をうけるようにすれぱ、それまでいた猫は安心です。
Q:FIV陽性で症状も沢山見られ、明らかにエイズのような描を飼っているのてザすが、これからどうしたらよいのでしょうか?
A:全身状態がきわめて悪化してしまうと、獣医師の努力にもかかわらず不幸な結果となる場合が多いものです。獣医師はこのような場合、いろいろな検査をして、望みがどのくらいあるかという予後の判定を行います。したがって、客観的にみて予後は悪そうだ、という場合もあるでしょう。また、現在調子の悪い原因が1つ明らかになって、それを治せば延命は可能という判断が下されるかも知れません。そのような場合でも、病院で診察を受けたからこそ延命が可能なのであって、もし見放されていれぱ、すぐに死亡してしまうかもしれません。とにかく自分の目で判断しないで、診療を受けることです。そして重要なのは、ストレスのない生活を描が送れるということで、これには変わらぬ飼い主の愛情が一番でしょう。重篤なウイルス感染症と考えずに一種の慢性疾患と考え、気長に治機を受けるようにしてください。
Q:FIVの予防は?       
A:碓実な予防法は、ワクチンがない以上、少なくとも現在の異常な蔓延状況が終結するまで描を家の外に出さないことです。ただ感染描とすれ違った位では感染するとは思えないので、飼い主が付いていれば猫を外で遊ばせても構わないでしょう。また猫を拾って家の中に入れる場合血液検査を行えば安心して飼えるでしょう。
Q:描を家の中だけで飼うなど描のためにも良くないと思いますが?
A:家の中で飼うのと外に出してやるのとどちらが描にとって幸せなのか、これは難しい問題です。一般 論からいえば外を自由に歩き回る方が描にとって幸せなのは言うまでもありませんが、現在の日本の交通 可ウイルス汚染状況を考えると、家の中で少し我慢してでも長生きしてほしいという見方もあります。世界的に見て、外に出している猫の平均寿命は約4歳と短く、それに対し室内飼育の猫は10歳以上生存します。諸外国と比べて描の去勢・避妊手術の実施率が日本はまだ低いのが現状です。去勢・避妊した描は、外への興味が少なくなり、家の中で飼うことが容易になります。また出産数が減ることで、捨て描の防止に効果 があることは言うまでもありません。
Q:うちの猫などという噂が立ったら大変回りますが?
A:日本独特の感情とも言えるでしょうが、飼い描がエイズになったということで、回りの人から白い目で見られるということがあります。これは猫の病気に対する認識不足と、エイズという病名に対する非常に悪い感情からくるものと思われます。しかしながら人間のエイズも、多くの抗体陽性患者は、輸血などにより知らずに感染してしまった全く罪のない人々であることを忘れてはならないのです。描も本来自分のテリトリーで悠々と暮らせるはずのものが、多数の描が回りにいて、自分のテリトリーを守るために喧嘩をして、咬まれて感染したというかわいそうな状況ばかりです。ですから感染描を見捨てたり、ましてはその飼い主を白い日で見たりということは絶対にしないよう、教育の現場での指導も必要でしょう。社会的な常識が変わって行くまでには時間がかかりますし、現在そういう自で見る人を説得するのも無理でしょうから、獣医師はそういった情報が絶対漏れないように注意しています。
Q:FI?陽性の猫に咬まれました。エイズがうつるのではないかと心配です。
A:FIVは猫のウイルスで、まずもって人には感染しませんし、エイズを引き起こすこともありません。しかし猫の□の中には多くの雑菌がいるので、その方がむしろ心配です。イソジンやアルコール、またはオキシドールで十分消毒した方がよいでしょう。
Q:FIV陽性描が使っていた食器や毛布は、何で消毒したらよいのでしよう?
A:FIVやFeLVはウイルスの中でも比較的弱いもので、洗剤で熱でもアルコールでも殺すことができます。食器は洗剤を溶かしたお場につけ、水洗いすれば十分ですが、ブリーチを溶かした水につけておけば、その他のウィルスも紬歯も殺すので完全でしょう。毛布などはブリーチを加えて洗濯すればよいでしょう。
Q:FIVに感染した描は安粂死させるペきでしょうか?
A:まず安楽死とは何のためにするものか考えて下さい。あくまでも動物のためを思って、動物の苦しみが強いときに、苦しみから救ってやる唯一の方法が安楽死しかないときに、初めて考えるものなのです。ですから、汚いなどという勝手な理由で猫を安楽死させるペきではありません。したがって、すべてのFIV感染描を安楽死させるというのは、行き過ぎた考えです。病状が進み、とても回復の望みがないときだけに考えるべきでしょう。
Copyright(C) 2002 - 2010 Animal-life.org All rights reserved