新聞に掲載されました。
| 活動状況あなたにもできます!
私達はスーパーウーマンでもない、ごく平凡な主婦、会社員の集まりです。ただ、かわいそうな動物を何とかしたい、という思いで行動を起こし、今に至っています。最初は猫をどう捕獲するかもわかりませんでした。捕獲器などという物もなかったので、衣装ケースをくり抜いたり、ケージを使ったりして工夫しました。

地域の野良猫問題を改善することは、既成の動物愛護団体に頼らなくても、誰にでもできることです(動物愛護団体の中には、引き取った動物を安楽死処分してしまうところもありますから、自分達で解決するのに越したことはありません)。猫は手術しないで放置すると、子が子を産んで、一年間で12匹、二年間では66匹にもなります(「手術しないとどうなる?」参照)。増え過ぎないうちに、早めにアクションを起こすことが大切です。

成猫を捕獲し、不妊/去勢手術を行い、元の場所に戻して、これまで通 り餌を与えてください。子猫がいたら保護して、里親さんを探してください。可哀想ですが、事故、病気と常に隣り合わせにいる外の子の寿命は4〜5年と言われていて、長くはありません。子猫を保護することで、その子猫が大きくなり、また繁殖するのを未然に防ぐことができます。この方法で、それまで何十頭も猫のいたところが、3、4年後には、数匹になった例もあります。それだけ数が少なくなると、猫害も皆無に等しくなり、永久に餌をやり続ける必要もなくなります。できれば、地域の住人、餌やりさんと協力して行ってください。捕獲に関しては、当会も相談にのらせていただきます。

格安で不妊、去勢手術をすることもできます(「格安の不妊/去勢手術」参照)。勇気ある一歩を踏み出す方がいれば、野良猫問題は必ず改善します。地域はあなたの行動を待っています!

Copyright(C) 2002 - 2010 Animal-life.org All rights reserved